Return to site

6/25 新酒ヨガニードラレポート

· ブログ,ワークショップ

6月25日の山羊座の満月の宵の口、

群馬県藤岡市で有機米を作られている《米達磨》さん

川場村にある《土田酒造》さん

高崎慈眼院にある《一路堂カフェ》さんと

秘密の満月会が開催されました。

broken image

《米達磨》さんの作られているプリンセスサリー米は、

アシュタンガヨガの聖地でもある

南インド地方で食べられている《バスマティライス》の孫品種で

細長い香りの良いお米なんです。

実は私、このバスマティライスを玄米で食べるのが夢(?)で

毎年インドのマイソール地方に行くヨギーに聞いたところ、

「インドで玄米は食べない」とのことだったので、

「それならば余計に食べてみたい」というマニアックな願望があったのですが、

それがなんと!地元群馬で手に入るなんて!!

ということで、米達磨さんに駆け込んだのがこの企画の始まりでした。

broken image

▲米達磨の女将、山口さん

broken image

▲土田酒造の土田社長(左)と杜氏の星野さん

また、《土田酒造》さんのお酒は、

醸造用アルコールや、乳酸、酵素剤、水加工剤など

日本の法律でラベル記載義務のない添加物も一切用いない

『無添加醸造』にこだわって作られていて、

全国でもこのような酒蔵は4軒しかないのだそうです。

私も日本酒好きで通っていますが、

こちらの『誉国光』『梅酒』は長年にわたって愛飲していますし、

最近の新しい無添加のお酒は、もう異次元レベル!!

古代から、お酒は神に捧げる飲み物ですが、

まさに《秘薬》とはこのこと!とうなずきながら

練習がお休みのムーンデーを楽しみに待ちわびています。

川場村に行くことがあれば、

ぜひ「大吟醸アイスクリーム」を食べてみてくださいね!

もちろん、日本酒のテイスティングもできますよ!

broken image

さて、イベント当日は《一路堂カフェ》さんの特別メニューが振る舞われました。

普段は月替りのランチとデザートを提供されているので

メニューには載っていない、この機会にしかいただけないプレートです。

いやぁ、マイソール高崎の食いしん坊チームは本当に幸せ者!

今後も絶対に美味しいものをいただけると思います!

米達磨さんが有機栽培で作ったプリンセスサリー玄米に

赤大豆と、「砂糖がいらないくらい甘い」サトイラズというお豆の「タコライス」!

青唐辛子がピリリと効いて、お酒にも合う!

プリンセスサリー米は、一汁一菜玄米食を基本としている私の食卓にも登場します。

きんぴらごぼうや、ひじきの煮物、

異国の香り米なのに、不思議と和食にもパンにも合うのです。

broken image

▲一路堂カフェ お料理を作ってくださった大畑さん

スペシャルゲストの土田酒造の社長や杜氏のお二人、

米達磨の女将に、作り手の苦労話をお聞きすることができ、

ほろ酔い気分で、みなさんも興味津々で大盛り上がり!

いろんな質問が出て、楽しい一夜でした。

broken image

お腹も満たされた後は、畳のお部屋で

満月のパワーを全身に浴びながら

名付けて《発酵ヨガニードラ》をゆっくりじっくり1時間。

broken image

お米が時間をかけて発酵するように、

仲良く共生してゆく微生物になったような

そんな気持ちでくつろいでもらえたなら最高です。

こんな風に広がってゆく、人との出会いも化学反応。

心がときめくような発酵を続けていきたいですね。