Return to site

平成最後の太陽礼拝108回レポ(脳内会話編)

2018年も全員完走!!

今年は、肩の負傷や、風邪などの体調不良で、楽しみにしていたのにキャンセルになってしまった方々も多くて私も残念でしたが、「初めての太陽礼拝108回」を体験する女子2名と、「休憩を挟む108回は経験済み」2名、「毎年参加」の猛者1名、朝寝坊1名(!?)で、2018年の太陽礼拝イベントを無事に完走することができました。

さぁ、それでは、参加できなかった皆さんのために、参加者の脳内会話(妄想)でお送りいたします♫

スタート前は、経験者による「筋肉痛を残さない太陽礼拝レクチャー」。そう、マイソール高崎の太陽礼拝は、108回ぶっ通し。

たいていのスタジオさんは、半分の54回目で休憩が入ります。いやいや、それじゃあ、脳内エンドルフィンが途切れてしまうじゃないか!という勝手な指導者方針で、ガンガン行くぜ、乗ったら降りられないジェットコースター★これがアシュタンガヨガ方式だ!

マジかぁ、、、筋肉痛になるの嫌だなぁ。

masamiさん、普通に張り切っちゃってるしなー。

体調もイマイチなのに大丈夫か。

年に2回も3回も太陽礼拝108回参加してるKさんて何者!?やばーい。

 

ドキドキしながら、スタート前のストレッチを終えた。

何気にサラーっと始まるいつものオープニングマントラ・・・。「ワンデーグルナム・・・」

あれれ、気がつけばもうスタートしてるけど。

いつもと変わらないけど。。。でも、なんだかドキドキする❤︎❤︎❤︎

ああ。やっぱり胸が開くの気持ちいいいな、、、、なんて考えながらも、「クリスマスディナーは、アレやコレや作っちゃおう★とかも考えちゃう。バカバカ!ヨガはもっと集中しなくっちゃ。宇宙とつながるのよ!スーハースーハー。。。

もう何回目か分かんなくなっちゃった。masamiさーん、誰かー、教えてー。

はー?30回?まだ30回!?これをまだ3回とかやるのか?無理無理っす。。撃沈だ。心の葛藤が激しくなってきたぞ。頑張れ私!

「ムーンデーはよく眠れちゃう(本人談)」ので寝坊したけど、さくっと途中参加しますっ!ハーフくらい軽い軽い。軽いっしょ。

あ、遅れたH君来た。ちょっと緊張ほぐれた。

仲間も参戦したことだし、エネルギー値回復!

しかし、キツイな。これが本当の太陽礼拝なのか。

ハーフを超えたら、なんだかもう、どうでもよくなってきた。

masamiさんの声に従って動いてればいいだけ。何も考えないって心地いい。

どんどん瞑想効果が高まっていく。私の心は完全に静寂の中。

体の動きと、心のバランスをとりながら、調整してゆく。自分のちょうど良いところに落ち着けてゆく。そうやって今までもやってきたし、これからも生きていく。頭がクリアになってゆく。太陽礼拝って気持ちいなぁ〜。

 

90回目。お、ラストが見えてきた。

95回目。ここまできたら楽勝だ!

100回目。やったー!ゴール目前!!

105回目。キタキタ、きましたよ!!!

 

案外できるもんだな。自信がついた。

みんなも怖がらずに挑戦してみればいいのに。

感動の108回目!すごい!できちゃった、できちゃった自分、

おめでとう自分!!!

ヨガニードラで平成30年旅

今回のヨガニードラは、平成30年の間に起こった様々な出来事をタイムトラベル方式で振り返りました。えー、宇多田ヒカルの『ファーストラブ大ヒット』あの頃、俺はどこにいて、何をしていただろう、『たまごっち』懐かしい〜!!!平成元年消費税導入かぁ、今では当たり前なのに、なんてね。

 

平成30年という時代とともに、悲喜こもごも各々の人生と照らし合わせてみると、あっという間だったような、長かったような、それでも、今ここで仲間とヨガなんかしちゃってる自分を褒めてあげたい!きっと、みんなそう思ってくれたのではないでしょうか。

去年は撮り忘れた集合写真、今年は撮影できました。

私も、カウントしながら太陽礼拝していたら、この一体感はなんだろう?って感動してしまいました。「みんなと一緒なら、ずっとこの体は動きそうだ」そう思った瞬間がありました。

みんなが私のエネルギー源です。

ありがとう。

素敵なクリスマスをお過ごし下さい。

さぁ、来年はどんな年にしようかな。

あなたらしいやり方で、あなたらしい足取りで歩いていきましょう。

Have a nice Trip ❤︎ masami

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly