サイトへ戻る

更科有哉&あさこ先生WS4/24 レポート①

· ワークショップ

今回は、シャラを飛び出し、慈眼院さまにご協力いただき、大広間をお借りすることができました。高崎のシンボルでもある百衣観音様のお足元で開催できたこと、とても特別な二日間となりました。

《緊張のマイソール》

初日は、早朝7時のマイソールからスタート。

更科有哉先生とあさこ先生に1ヶ月半ぶりに練習を見ていだだく。この第二弾のWSが決まってから、みなさん静かに燃えておりました。先生にいただいたアーサナができるようになったところを見てもらいたかったり、体を整えて臨もうと断食に励んだり(笑)。

そんな緊張感溢れる中で臨んだマイソール。感じたことは人それぞれ、得たものも人それぞれでしょう。アシュタンガヨガの練習生にしか味わえない、緊張感、集中力、皆さんの練習を見rるのはいつでも感動的です。今後の練習に生かしてくださいね。

▲本気で練習しています!

▲あさこ先生もアジャストに入ってくださいました。

▲マイソール参加のみなさん。いい笑顔です!

《カンファレンス(座学)》

座学では、アシュタンガヨガを深めるために、まずは知っておいていただきたい知識を教えていただきました。私も普段のクラスでなかなかお伝えできない部分ですので、知らない方も多かったのですが、これは基本中の基本です!

アーサナを習得するのも大事ですが、レッドクラスでのカウントをよく聞き、ひとつひとつのアーサナのヴィンヤサの構成を理解してください。そして、呼吸を均等に!

また、アーサナ名を覚えてください。先生とのコミュニケーションに絶対に必要になります。アシュタンガヨガ は、世界中どこでも同じように練習されていますから、旅先でも練習できます。初めてのスタジオではきっと「あなたのラストポーズはなんですか?」きっと聞かれますよ。その時に、きちんと言えるようにしておいてくださいね!

ランチは精進料理の一路堂CAFEさんにて。ご注文いただいたランチボックスと同じもの。メインのおかずは、大豆ミートのカツを柴漬け豆乳タルタルソールで。ちなみに2日目は、大豆ミートの唐揚げでした。春らしいピンク、彩り豊かで旬のものがたくさん詰まって美味しかったー!

《WSフルプライマリーリサーチ》

アシュタンガヨガ は、ポーズを進めていくのも大切ですが、その前になくてはならないものがあります。それが《トリスターナ》。今回は、みなさんに基本中の基本に戻って勉強していただきたくて、アシュタンガヨガ の正式指導者である更科有哉先生に、その解説と実践をお願いしました。

快適なアップドックには、呼吸とバンダ!グループワークで話し合いながら意見を交換するのもWSならでは!普段、みなさんがどんなことを意識しながらポーズに取り組んでいるのか参考になりましたね。

改めて、アシュタンガヨガの魅力を再発見したり、お仲間とゆっくり語り合ったりする時間が持てたのではないでしょうか。

2日目のレポートは、また次回をお楽しみに!

▶︎FCAEBOOKのアルバムに、WSの写真をUPしました。どうぞご自由にタグ付けしたり、ダウンロードして、SNSなどでシェアしてくださいね!

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK