《ソーシャルディスタンスという苦悩》

一部緊急事態宣言の解除で明るい兆しが見えはじめてきましたね!みなさんお疲れ様です!!しかし、まだ、様子を見ながら自粛生活を続ける段階です。

 

このコロナウィルスの世界的流行で一最もつらいのは、人との距離を取らなくてはならなくなってしまったこと。私はそう思う。

《ソーシャルディスタンス=2メートルの距離を保ちつつ生活する》ことの難しさ、もっと心苦しいのは、親しい方をも遠ざけなければならないこと。

もともと、人との距離を保つのが礼儀とされている日本人ですら、心苦しかったり、寂しさを感じるこの状況下で、握手をしたり、ハグやキスが挨拶という海外の方は、さぞや大変だろうと思う。

そして、このフレンドリーな文化が、失うことになるかもしれない。そう思うと、やっぱり悲しい。旅先で出会った海外の方とは、たいていハグして、大きな声で名前を言って親しくなる。できれば、この習慣は残って欲しいなぁと思う。素敵な文化だもの。

《コロナ状況下でオンラインヨガが流行る理由》

《進化心理学》という分野の研究によると、人間の脳は、過酷な状況に陥ったり、ストレスを感じたりすると《身を寄せ合う》という本能が働くそうです。

人間の進化の過程では、人と集まることによって危機を乗り越えてきた経験があり、その強い絆が私たちの遺伝子に組み込まれているのです。

ところがこのコロナ感染では、それができない。

今、やたらと、オンラインヨガや飲み会が流行っていますよね。

これは、誰かとの繋がりを感じていたい、そして、不安を解消したいという思いが強く、当然の成り行きのようです。

ダメだと分かっていても、キャンプ場に集まってしまった多くの人も、パチンコ店に長蛇の列を作ってしまう方々も、もしかしたら、孤独で寂しいのかもしれませんね。

《ハグしよう!HOW TO ミッション#006》

そこで、今回のミッションでは、自分で自分を抱きしめてあげましょうよ!

ハグすると、《オキシトシン》という《幸せホルモン》が分泌されます。

この自粛生活で欠乏したオキシトシンをとことん補いましょう。

補う方法は簡単、パートナーがいる方は、ラブラブイチャイチャしちゃってください!とにかく、《スキンシップ》がキーワードです。自粛生活の中にあっては、友達とハグできないのが寂しいとことですが、一緒に生活しているご家族やペットなら大丈夫!それに、私は、疲れた時、リラックスしたい時は、いつも自分をハグして甘やかしています。

①自分を抱きしめよう!

ーひとり住まいの方は、とても心細いですよね、いつも頑張っている自分をキツく抱き締めて深呼吸。何か失敗したりすると自己嫌悪に陥ったりしますが、勝手に他人が責めてくれますので、責めるはもう十分ですよ。あなただけはあなたに優しくしてあげましょう。抱きしめながら、上下する胸の動を感じましょう。リラックスして、空気が肺に入る様子、出てゆく様子をそっと観察します。また、このやさしい動きで、肩甲骨周りのストレッチにもなりますよ!

②パートナー、ペット、家族とハグしよう!

ー近くにいるあなたのパートナー、ペット、ご家族とスキンシップを!

その人肌のしっとりした感触、柔らかさ、心臓の音を聞いてみよう。

③写真や、動画、その時の気持ちを言葉にして、インスタグラム @mysoretakasaki または、@108yogamission タグをつけて投稿する。(もちろんこっそりやってもO K)

くっついて、抱きしめて、あたたまって、生き残ろうとする強い人間の本能を満たしてあげようね。

▶︎ちなみに、動画のラストは、家族旅行でサイパンに潜りに行った時の自慢の1枚!正真正銘加工なしで、水の泡か光かわからないけれど、❤︎が出現!!この写真を見るとハッピーになるんだ!みなさんにもきっとあるでしょう?ファミリー自慢の素敵なハグ写真が!どんどんハッピーシェアしましょう!

with LOVE ❤︎ masami

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK